知っ得♪エス君の不動産用語集(賃貸向け)

専門用語が並ぶ不動産の用語。分かり辛いもの、分かっていたつもりが意味が違ったもの等、色々と難しいよね。
ここでは、しっかりとした知識を身につけ、今後のお部屋探しに役立てて下さいネ☆


1.金銭関係

初期費用       共益費・管理費      保証金・敷金      礼金        敷引・解約引

更新料
      申込金・手付金



2.構造・間取り

マンション   ハイツ   SRC造   RC造   S造   木造

徒歩〇〇分   面積・平米数   

1R   1K   DK   LDK   




3.設備・契約関係

設備   セパレート   ディンプルキー   オール電化   宅配BOX

家賃保証会社   普通賃貸借契約(一般賃貸借契約)   定期建物契約

解約通知   契約期間   リノベーション

1. 金銭関係

初期費用
部屋を借りるのに最初に必要な総額(決済金と呼ばれる)。
基本は
「敷金」「礼金」「仲介手数料」「火災保険」「日割家賃」「前家賃」「保証会社料金」。
物件により異なるが他には「鍵交換代」「ハウスクリーニング代」等が必要となる。
手付金を払っていれば、その金銭は差し引いて計算される。

共益費・管理費
主に共用部分(廊下・エレベーター・オートロック・駐輪場など)の
維持・管理・修繕(電球の交換・エレベーター等の点検・エントランス等の清掃)に充てられる費用。
元々賃料に組み込まれているケースも多く、その際は共益費込と記載される。
なお、共益費が0円だからといって、全く管理が行われていないというのは間違い。
共益費・管理費0円と記載されていても共益費込という認識の大家さん・管理会社様が神戸では多い。

保証金・敷金
退去時に故意・過失による破損の原状回復費用だけでなく、
家賃滞納をしてしまった場合の家主さんの保険として預り金としての効力を有する。 
神戸の場合では原則ほぼ全額返金されることが多く、
近年では保証会社加入がほぼ必須な為敷金・保証金が0円の物件が多い。

礼金
契約時に家主さんに支払うお金。退去時に返ってこない。
一般的には「お礼金」の意味合いが強いが、
神戸の場合は退去時のハウスクリーニング・室内修繕(故意・過失による汚損・破損・滅失は除く)に充てられる為、
他府県よりも礼金は高め。
その分退去時には費用がかかるケースは非常に少ない。

敷引・解約引
退去時に敷金から差し引かれる金額。
主に退去時のハウスクリーニング・室内修繕(故意・過失による汚損・破損・滅失は除く)に充てられ、
契約時に定額が決まっており、敷引額よりも費用がかからなかったとしても差し戻しはされない。
また、それ以上かかったとしても追加請求されることは原則ない。(故意・過失による汚損・破損・滅失は除く)

更新料
契約期間満了時に契約を更新する為に必要な金銭。
神戸では不要なケースの方が8割。

申込金・手付金
お部屋を借りる意思を家主様(管理会社様)に示す為の金銭。
これが無ければ、冷やかしと判断され募集をかけ続けるオーナー様も多く、
申込の意思を示すために手付金を申込みに預ける必要がある物件が多い。
また、申込金は審査通過後にキャンセルされますと「違約金」として返還できない事が多い為、
本当に住みたい人だけに申し込みをしてほしいという家主側の希望が込められている。

                                                                ページTopへ

2. 構造・間取り

マンション
主にSRC造・RC造・S造で造られた建築物を指す。
3F建て以上の建物が多い。

ハイツ
主に軽量鉄骨造・木造で造られた建築物を指す。
2F建てまでの建物が多い。

SRC造
鉄骨鉄筋コンクリート造。 骨組みを鉄骨で造り、その周りを鉄筋コンクリートで固めたもの。高層マンションなどに使われる。 
耐震性・耐火性・遮音性において建築構造の中で一番性能が高い。
平成元年~震災前後までに建築された分譲マンションに多く見られる。

RC造
鉄筋コンクリート造。引っ張りに強い鉄筋と、圧縮に強いコンクリートで強度を高めたもの。
ここ近年では、分譲マンションなどでもこちらの構造が一般的で遮音性も高く非常に人気の高い構造。

S造
鉄骨造。鉄骨で造られた構造。耐震性に優れ、RC造よりも軽量。
防音ボードをどれほど使用しているかにもよるが、RC造よりも音漏れがしやすいと言われている。

木造
骨組みを木材で構成した建物。一戸建住宅でよく用いられる。
大手ハウスメーカーの建築でも木造は多くみられる為、「木造=古い・ショボい」と考えるのは大きな間違い。
築年数や施工会社にもよる為、遮音性などは実際に住んでみなければわからない事が多い。

徒歩〇〇分
1分80m計算で算出される。主に直線距離で記載され、坂などの道は加味されない。

面積・平米数
お部屋全体の広さを示す数字。当然大きければ大きい程広い。
尚、一般的には「バルコニー部分」「共有部分」「PS」「MB」等は加味されない。
あくまでも使用可能部分の面積を表す。

1R
キッチン(K)部分と部屋とが一緒になった造り。
キッチンスペースが無い分、室内面積の大部分をお部屋にあてている事が多い為、広々とした間取りを実現する事が可能。
ただし、お料理好きの方では調理時の匂いがそのままお部屋に充満する為好みが分かれる。
但し、カウンターキッチンタイプは1Rと記載されるが人気は抜群に高い。

1K
キッチンと居住スペースの部屋の間に仕切りが有る間取り。
一般的に、一人暮らしをされる方に非常に人気の高い間取りとなっている。

DK
ダイニングキッチン
キッチンスペースが約4.5帖以上あればダイニングキッチンという呼び名に変わる。
要は1K等のキッチンが有るお部屋が広くなったもの。
なお、部屋が1つの場合(1DK)は8帖未満・2つ以上(2DK・3DK~)は10帖未満がDKとなり、
それ以上の場合はLDKとなる。

LDK
リビングダイニングキッチン。
キッチンが有るお部屋がDKよりも更に広くなったもの。
リビングの他に部屋が2つ以上の場合リビングは10帖以上(1LDKでは8帖以上)で呼び名がLDKとなる。
あくまでキッチンのある部屋が対象の呼び名なので、他のお部屋の広さは全く関係ない。
(たとえばキッチンのあるお部屋が10帖、他のお部屋2帖だとしてもそれは1LDK。
逆にキッチンのあるお部屋が2帖、他のお部屋が10帖の場合、それは1Kとなり、
同じ面積を持つお部屋だとしても、間取りの作り方で全然違う呼び名となります。)                                                                                                            ページTopへ

3. 設備・契約関係

設備
賃貸するにあたり、家主様が修繕保証をしてくれるもの。
生活するにおいて最低限必要と判断されるものが設備とされ、
トイレ・キッチン・風呂等「普通に生活していて」壊れた場合は無償で直してくれる。
物件により設備対象が異なる為、契約時にしっかりと確認しておく必要がある。

セパレート
主に浴室とトイレが独立した間取りのこと。主に2点セパレートの事を指し、洗面台は関係ない。
洗面台も独立しているものは3点セパレートという。

ディンプルキー
ピッキングに強いキーとして知られている。 
防犯面での能力は非常に高いものの、合鍵を作成するのに費用が高い、
メーカーに発注しなければ合鍵が作れない事も多いので、不便な点も。
特徴はキーの表面にくぼみの様な穴が多数ある。

オール電化
給湯・調理器具等をガスの代わりに全てを電気で賄うシステム。
安全性が高く、ガスに比べローコストで済む為特に女性に人気が高い。
但し、深夜電力でお湯を沸かし貯めておく為、
使い過ぎると最後は水になってしまう事もあり大変な思いをすることも有るので、
残湯量はチェックしておきましょう。

宅配BOX
不在時に宅配物などを預かってもらえるロッカー。 
留守にしていても荷物が受けとれるため、多忙なサラリーマンや共働きの家庭に人気。

家賃保証会社
借主が家賃滞納を起こした場合、借主に変わって家賃を家主様に立て替えて支払う保険の様なもの。
主に入居時の審査、滞納時の督促・訴訟等を行い、
家主業を営む際の不安(家賃滞納等)を打ち消し一気に広がっていった。
近年では、金融機関の利用する信用情報期間のような「データベースの開発」により、
過去の滞納履歴が様々な保証会社に共有されるようになった為、
一度でも滞納を起こしてしまうと次の引っ越し時に思いのほか苦労するので気を付けた方が良い。
また、最近では信販会社も家賃保証業に参入しており、クレジットカードの利用履歴も参照されるようになった。
家賃保証会社に加入する為滞納のリスクが軽減された為、神戸では敷金・保証金が必要ない契約も多く存在する。

普通賃貸借契約(一般賃貸借契約)
契約更新が可能な契約の事。
契約内容により更新料の有無の違いはあるが、原則何年でも賃貸する事が可能。

定期建物契約
契約更新が不可な契約の事。
オーナー様の転勤等で〇年後に帰ってくる事が決まっている場合
定期建物契約の手法をとる事により、契約を一定の期間で打ち切る事が出来る。
賃借人は契約期間満了後退去を余儀なくされるが、
その分初期費用・家賃など比較的割安なケースが多く、
持家の建替の方・転勤族の方等に人気が高い。
なお、例外的に「再契約前提型」や「転勤留守宅型」等契約期間満了後も住み続けれるケースも存在する。

解約通知
退去する際に提出する書類。最初に電話で解約の旨を伝えその後FAXか郵送にて解約通知書を提出する必要がある。
なお、解約は月割計算が多く、「1カ月前以上予告」「2カ月前以上予告」等、解約予告期間が存在する為、
解約を申出るのが遅れると思わぬ出費に見舞われる。しっかりと現住居の契約を把握しておく必要が有る。

契約期間
主に「1年」か「2年」で契約期間を定める事が多い。
契約期間満了時に「契約更新料」を支払い、再度契約を更新する事が出来る。
神戸の場合は契約期間を定めるが更新料がかかるケースは非常に少なく、
契約期間が終了しても何もせずにそのまま契約が更新される「自動更新」の場合が多い。

リノベーション
築年数がある程度経った物件の内装・外観を全改装したもの。 
間取りを大幅に変更し、デザイナーズマンション風に仕上げている物件も多い。 
比較的安価で掘り出し物の物件があるのもリノベーションならではの魅力。

                                                                         ページTopへ


借りる

賃貸物件検索

沿線から探す
エリアから探す
  • 画像リンク

    長田区より東はこちら

  • 画像リンク

    クレジット決済サービス